【ケイゾク】ドラマ 最終回 無料動画

ケイゾク ドラマ

1999年に放送されたドラマ『ケイゾク』。中谷美紀と渡部篤郎が出演し、元々金曜22時からの深夜ドラマで目立った作品ではありませんでしたが、ドラマファンの口コミなどで名作との評価を受けるまでになりました。『ケイゾク』のあらすじと感想、第1話から最終回11話までの動画を無料視聴する方法を紹介しています。

最近利用者が増えている動画配信サービス「U-NEXT」で無料で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料です。

もし使ってみて気に入らなければ31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ U-NEXT


ドラマ【ケイゾク】あらすじ


主人公である柴田純(中谷美紀)は東大卒のキャリアで、研修として捜査一課弐に配属されます。弐係は「ケイゾク」と呼ばれ、捜査一課とは名ばかりの未解決事件専門、誰にも期待されずひっそりと存在する場所でした。

やる気もなく無理やり柴田の教育係にされた口の悪い真山徹(渡部篤郎)、コギャルと不倫を楽しむ野々村光太郎係長(竜雷太)、習い事のため定時に必ず帰宅する近藤昭男(徳井優)、毎日「蕎麦屋事件」を電話で捜査し続ける大男谷口剛(長江秀和)というクセの強い5人の男が集まる暗くて無機質な部屋で、柴田はマイペースに未解決事件の捜査を始めます。


ドラマ ケイゾク

柴田純は身なりに気を遣わず、ノーメイクにボサボサ頭で地味な色のロングスカートにコートであるにも関わらず、そこはさすがの中谷美紀。汚らしい印象はなく、どこか上品で可愛らしい雰囲気を出しています。

「あー、私わかっちゃいましたぁ」とぼやっとした笑顔で事件の謎を解く可憐な姿も見どころの一つです。

ドラマ【ケイゾク】感想レビュー


「ケイゾク」は演出家・堤幸彦の名を知らしめたドラマで、独特の世界観に魅了されて何度も繰り返し見たくなる人が多いようです。

画面は全体的に暗く、どこか映画的。でも派手な演出はほとんどなく、アイドル女優やモデル系イケメンが出てくるような華やかさはありません。

なので、キラキラ系ドラマを好む人にはちょっと合わないかもしれません。そもそも弐係はファッションセンスに欠けるおじさんばかりですから。


ドラマ ケイゾク

しかしセリフ回しがおもしろく、特に柴田と真山のやり取りはテンポよく、仲の良さがにじみ出ていてにやにやしてしまいます。さらに小ネタも満載で、例えば竜雷太は「太陽にほえろ」のゴリさんを思わせる発言が目立ちます。

未解決事件の相談者を二係に案内する婦警は毎回登場シーンは数秒であるにも関わらず、婚約・妊娠…と人生をアピールしていきます。

事件にも弐係にもまったく関係のない話ですが、細かいところにも遊び心が仕込まれています。そんなコミカルなシーンも織り交ぜつつ、基本は刑事モノ。

しかし一話完結の事件物でありながら、結末がすっきりせず後味が悪く、正義とは何か考えさせられる深いストーリーが素晴らしい。

柴田は優秀なので事件は必ず解決するものの、事件解決とともに万々歳で犯人逮捕とはいきません。犯人を逮捕することで悲しむ人傷つく人がいる。そして犯人の存在は自分たちしか知らない。

未解決事件を解決する必要はあるのか。柴田・真山の葛藤にも心を揺さぶられます。

一人でじっくり何度も見たくなるドラマです。

ドラマ【ケイゾク】動画を無料視聴する方法


『ケイゾク』は動画配信サービス”U-NEXT”で無料視聴することが可能です。

第1話から最終回11話まで全て見放題になっています!
最近利用者が増えている動画配信サービス「U-NEXT」で無料で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料です。

もし使ってみて気に入らなければ31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です