ザフライ 映画 動画を無料視聴!ネタバレと感想

ザ・フライ

映画『ザ・フライ』。この作品は1958年公開の同名映画(邦題『ハエ男の恐怖』)をリメイクした作品です。

『ザ・フライ』の動画を無料で視聴する方法とネタバレあらすじと感想を紹介しています。

『ザ・フライ』のフル動画を無料視聴する方法


『ザ・フライ』は動画配信サービス”Amazonプライムビデオ”で無料視聴することが可能です。

『ザ・フライ2』も配信されています。
動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」で動画を見ることができます。

dTVは登録から30日間は無料となっています。

動画だけでなく通販も多くの商品の送料が無料となりますし、100万曲以上が聴き放題のプライムミュージックも使えて、月額約300円とかなりお得なサービスです。

⇒ Amazonプライムビデオで動画を見る


『ザ・フライ』ネタバレあらすじ




監督は『スキャナーズ』(1981年)などを監督したデヴィッド・クローネンバーグ、主人公の天才科学者セス・ブランドル役をジェフ・ゴールドブラムが、彼の恋人ヴェロニカ・クエイフ役をジーナ・デイヴィスが演じています。

この作品は、1986年第59回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞、また1986年度第14回サターンホラー映画賞を受賞しています。

物語は、ノーベル化学賞を受賞できる程の天才科学者セス・ブランドルは、2つのポッドの片方に入れた物体を一度分子レベルで解体し、もう片方へそのデータを送り、元通りの状態に再構築する物質転送装置「テレポッド」を開発していました。

しかし、当初は単純な無機物の転送には成功していたが、複雑な有機物では失敗していました。

ある日パーティで出会った雑誌記者のヴェロニカからの助言を得て、セスは改良を重ねて、遂に有機物の転送に成功する。いつしか、セスはヴェロニカと恋人になるが、ある日、彼女と彼女の元恋人ステイシスとの関係に嫉妬し、酔ったあげくセスは、自分の体を転送実験してしまいます。

転送は成功し、セスは自分でも驚くほどの強靱な身体能力が身についていることに気がつきます。しかし、それは転送ポッドの中に一匹のハエが入っていたため、コンピュータがセスの人間のDNAとハエのDNAを融合してしまったことが原因でした。

セスの体はそれ以来、次第に醜い“ハエ人間”の姿に変化していきます。そんなセスを心配した恋人ヴェロニカは…というストーリーです。

『ザ・フライ』感想


とにかく、主人公セスが人間からハエ人間に変貌していく姿の特殊効果が当時としては、凄いリアル感があり、爪や歯が剥がれたり、耳がボロっと取れたり、食べ物を食べるときは胃液を吐き出して溶かして食べたりと、観ていて気持ち悪くなるほど、グロテスクでした。

しかし、これだけでは単なるSFホラー映画になってしまいますが、ハエ人間になっても恋人ヴェロニカはそんなセスの姿に驚きつつも、彼を元通りにしようと奮闘する姿勢、また、セスもハエ人間に変貌しながらも恋人ヴェロニカへの愛を忘れない姿を描いており、見方を変えると、純愛ラブストーリー映画でもあります。

ストーリー展開としては、始めは主人公は世紀の大実験に成功して、恋人もでき、喜びいっぱいで、明るい未来に向かっていく姿を描きます。

しかし、ある日の夜の主人公の嫉妬からの無謀な実験を境に、一気に変わっていく主人公の人格の変化と悲哀へストーリーが展開していきます。この辺りの希望と絶望を対比的に描いており。観ている者を自然と引きつける展開になっているのが凄いと思いました。

ラストシーンでハエ人間となってしまったセスは、恋人のヴェロニカと一緒にポッドに入り、一生、二人一緒になろうとしますが失敗し、セスはポッドという自分が作った機械と融合されてしまいます。

そして、セスはヴェロニカのライフルの銃口を自分の頭につけて、「もう殺してくれ」という仕草をします。泣きながらヴェロニカはセスに向けて引き金を引くシーンは泣けます。

私としては、あまり後味のよい映画とはいえないですが、いろいろと考えさせられる娯楽映画で、一見の価値ある映画だと思います。

『ザ・フライ』の動画を無料視聴する方法


『ザ・フライ』は動画配信サービス”Amazonプライムビデオ”で無料視聴することが可能です。

『ザ・フライ2』も配信されています。
動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」で動画を見ることができます。

dTVは登録から30日間は無料となっています。

動画だけでなく通販も多くの商品の送料が無料となりますし、100万曲以上が聴き放題のプライムミュージックも使えて、月額約300円とかなりお得なサービスです。

⇒ Amazonプライムビデオで動画を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です