映画【ハート・ロッカー】動画 無料視聴

ハート・ロッカー

映画『ハート・ロッカー』のあらすじとネタバレ感想レビュー、動画を無料視聴する方法を紹介しています。2009年公開、第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響効果賞、録音賞の6部門で受賞した名作映画です。

動画を無料で見る方法


コチラの動画は動画配信サービス"U-NEXT"無料で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ無料で動画を見たい方はコチラから


【ハート・ロッカー】あらすじ


「ハートブルー」、「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」で知られた女流監督キャスリン・ビグローが、テロが日常化したイラクでのアメリカ軍爆発物処理班の姿を描いたサスペンス・ドラマ。

駐イラクアメリカ陸軍中隊の爆発物処理班に新しいメンバー、ジェームズ二等軍曹がやってきます。

爆発物処理に長けた彼は命がけの仕事をいくつも乗り越え、やがて退役することになりますが、平凡な日常に耐えられず、再び戦地へ向かいます。



配給元を決めずに自主製作された作品で、映画祭で上映されるうちに批評家の絶賛の声が高まり、やがてアカデミー賞での6部門受賞につながりました。

それでも大規模な公開はされなかったため、アカデミー賞作品賞を受賞した映画のなかでは極めて興行収入の乏しい作品となっています。

出演は「28週後…」でも軍人を演じたジェレミー・レナー。この作品でアカデミー賞候補となり、のちに「ボーン・レガシー」など、メジャーな出演作品が続きました。

【ハート・ロッカー】ネタバレ感想レビュー


これまで、「ハートブルー」や「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」のような余り上出来とはいえない作品を撮ってきたキャスリン・ビグローが突如として作った傑作です。

それまでの作品傾向から男勝りのアクションが得意という印象はありましたが、これほどまでにきめ細やかな演出ができるとは意外でした。

冒頭で描かれる爆弾処理失敗の場面からしてスローモーションやアップのショットを的確に使い、先の展開を期待させますが、何と言っても一番見事な場面は、砂漠のど真ん中で主人公たちがスナイバーに襲われるところでしょう。

個人的に、スナイバーを描いた映画で最高作はピーター・ボグダノヴィッチ監督の「殺人者はライフルを持っている!」か、フレッド・ジンネマン監督の「ジャッカルの日」だと思っていましたが、この作品はそれらを凌駕すると言っていい見事さです。

ロング・ショットを入れるタイミング、スローモーションの使い方など、こういう場面の演出のお手本と言いたいくらいです。

ラストでは主人公が母国に帰って落ち着いた日常に戻るものの、やはり戦場の緊迫感が忘れられずに復帰するのですが、下手に平和や戦争反対などのメッセージを打ち出さず、戦いに行かなければ生きがいを感じられない人間もいるという事実を描いていて好感が持てます。



【ハート・ロッカー】動画を無料視聴する方法


『ハート・ロッカー』は動画配信サービス”U-NEXT”で無料視聴することが可能です。
利用者急増中の動画配信サービス「U-NEXT」ですが、最近当サイトでも一番人気です!

U-NEXTは登録から31日間は無料となっています。

もし使ってみて気に入らなければ31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ U-NEXT


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です