【メディカルチーム レディダヴィンチ】動画 10話の動画を無料視聴

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

ドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』。第10話でとうとう最終回を迎えました。第10話のあらすじと感想、見逃し配信動画を無料視聴する方法を紹介しています。

【メディカルチーム レディダヴィンチ】動画を無料視聴する方法


『メディカルチーム レディダヴィンチ』の最終回(第10話)の動画は動画配信サービス”U-NEXT”で無料視聴することが可能です。

動画の視聴にはポイントがかかりますが、登録時にポイントがもらえるので、それを使えば実質無料で見ることができます♪
最近利用者が増えている動画配信サービス「U-NEXT」で無料で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料です。

もし使ってみて気に入らなければ31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ U-NEXT


【メディカルチーム レディダヴィンチ】あらすじ


第10話 最終回


志帆(吉田羊)は、治療にあたっている藤原ひかり(根岸姫奈)が、2年前の爆発事件の被害者で、娘の真央(藤沢遥)自らの命に代えて助けた患者と気づく。ひかりを助けなければ、真央の死が無駄になると、志帆はひかりの手術を執刀を申し出る。

しかし、手術の朝志帆は突然の頭痛に教われ倒れてしまい志帆自身も脳動脈瘤を患ってがいることが判明する。

ついに北畠院長(高橋克典)も、解析診断部のメンバーに志帆の身に起きた2年前の事件のことを打ち明け、雪野(相武紗季)も脳動脈瘤が原因で娘の幻覚を見ていることを告げる。

志帆はひかりのオペを執刀するなら、脳動脈瘤を摘出をするように岩倉葉子(伊藤蘭)に言われてしまう。

脳動脈瘤の摘出は、今後真央の幻覚にも合えなくなることを意味する。ひかりも依然予断を許さない状態で悩んでいる猶予はあまりない。

はたして選択を迫られた志帆の決断は、ひかりの命は助かるのか?志帆に再び笑顔は戻るのだろうか?

【メディカルチーム レディダヴィンチ】感想


第10話 最終回


究極の選択に迫られた1話でした。

自らの命の終わりと隣り合わせに、娘の幻覚と暮らすことを選ぶのか?その暮らしを捨てて、娘が救った一つの命をつなぐことを選ぶのか?私も子を持つ母親なので核心に迫る思いで見ていました。

私だったらこんなこと決められないって思いますが、決めるしかない、決断するしかない!そんな状況に追い込まれましたが、最後には子供が親の背中を押してくれて本当に良かったと思いました。

たとえ姿は見えなくても心の中で生き続ける、本当にそうなんですね。

ひかりのベットサイドで、志帆と真央が語り合うシーンは私も涙が止まらなくなりました。志帆の中で真央は永遠に生き続けると思います。

解析診断部のメンバーも個性的な人が多くて、最初はバラバラなチームのように感じましたが、最後にはとてもいいチームになりましたね。志帆の手術にも、ひかりの手術に対してもとても協力的で、チームワークがすごく良かったと思います。

志帆の脳動脈瘤の手術も成功し、ひかりの手術の執刀できて、最後にはひかりから、真央が残した最後のメッセージも聞くことができて良かったですね。

脳動脈瘤を摘出したことで、志帆の笑顔が消えてしまったらと心配もしましたが、えがおの志帆健在で安心しました。

ただ一言言わせてもらうなら、志帆が決断してからの展開がわりと早すぎて、もう少し内容が濃くてもいいのではと思いました。最近のドラマ全般的にこんな傾向にあるような気がします。

動画を無料で見る方法


コチラの動画は動画配信サービス"U-NEXT"無料で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ無料で動画を見たい方はコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です