許されざる者 映画 日本版(2013) 動画無料視聴できます!

許されざる者

映画『許されざる者』。2013年公開の日本版。

第65回アカデミー賞作品賞を受賞したクリント・イーストウッド監督・主演による映画『許されざる者』(1992年)を日本版にリメイクした作品です。

『許されざる者』の動画を無料で視聴する方法とネタバレあらすじと感想を紹介しています。

『許されざる者』のフル動画を無料視聴する方法


『許されざる者』は動画配信サービス”U-NEXT”で無料視聴することが可能です。

動画の視聴にはポイントが必要ですが、登録時に付与されたポイントを使って無料で見ることができます。
利用者急増中の動画配信サービス「U-NEXT」ですが、最近当サイトでも一番人気です!

U-NEXTは登録から31日間は無料となっています。

もし使ってみて気に入らなければ31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ U-NEXT


『許されざる者』ネタバレあらすじ




キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」で、時代設定は原作と同時期の明治時代初期で、舞台は蝦夷地(北海道)、江戸幕府の残党“人斬り・釜田十兵衛”の生き様を描いています。

監督・脚本は、『フラガール』(2006年)を監督した李相日で、この作品で、主演の人斬り・釜田十兵衛役を演じた渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を、顔を切られる悲劇のヒロイン役を演じた忽那汐里は新人俳優賞を受賞しました。

物語は、1880年(明治13年)、江戸幕府の残党”人斬り・釜田十兵衛”は、蝦夷地で子供二人と百姓となり働き、貧乏な暮らしをしていました。彼は亡くなったアイヌの妻との約束でもう人は斬らないと誓いをたてていました。

そんなときに、古い戦友の馬場金吾が現れます。彼は「女郎・なつめの顔を切った開拓民2人を殺すと懸賞金千円が得られる。鷲路村に行くが、十兵衛も一緒に来て欲しい」と誘います。

始め、十兵衛はその誘いを断りますが、あまりの貧乏生活で子供たちのことを考え、懸賞金を求めて、金吾と共に鷲尾村に向かいます。その道中で、アイヌと和人のハーフの沢田五郎と出会い、彼も仲間に引き入れて、3人で懸賞金目当てに鷲尾村に行きます。

しかし、その村にはその村を力で牛耳る残虐な大石一蔵が警察署長として君臨していました。村に着いた早々、十兵衛は一蔵からリンチを受け、顔を切られ、半殺しにされてしまいます。

十兵衛の回復を待って、金吾と五郎は賞金首の1人を狙いますが、金吾は人を殺すことができずに、仕方なく十兵衛が代わって止めを刺します。金吾はそこで抜けてしまいます。

五郎と十兵衛は2人目を狙い、五郎が2人目を殺します。五郎はそれまで5人殺したと言っていましたが、それは全部嘘で、今回が初めての人殺しで、五郎はもう人殺しはイヤだと泣きます。

そこになつめが来て、金吾が一蔵の捕まり、拷問をかけられ、十兵衛や五郎の事は何も話さずに、殺されたことを十兵衛は知らされます。十兵衛は、愛妻の形見と懸賞金を、五郎となつめに託し、自分の帰りを待っている子供たちの所に行かせ、自分は金吾の仇を討つため、単身、村に行きます。

そこで彼は再び“人斬り・釜田十兵衛”として蘇り…というストーリーです。

『許されざる者』感想


この映画はクリント・イーストウッド監督・主演の西部劇映画『許されざる者』のリメイクですが、私は断然、日本版のこの映画のほうが良くできていると思いました。

こう思うのは私が日本人だからかもしれませんが、“人斬り・釜田十兵衛”の悲哀が素晴らしく描かれています。アイヌ民族を差別する本土の和人たちの暴挙なども描かれていて、歴史ドラマとしても、観て面白いです。

雨の中、十兵衛たちが村の娼館に入り、2人は2階に上がっている間に、十兵衛1人が酒も飲まずに震えているときに、一蔵が入ってきます。一蔵が十兵衛の持っている刀を取り、抜くと錆びだらけで、半笑いで「こっちを向け」と命令して、おもむろに十兵衛が立ち、一蔵に顔を見せまると、一蔵は笑いながら「おめおめと生きていたか。…この男は元幕府軍の人斬り十兵衛だ」と言うシーンは緊張感溢れる名シーンでした。

また、その直後、一蔵に半殺しにされ、瀕死の十兵衛を金吾と五郎は、山腹の山小屋に連れて行き、金吾が十兵衛の顔の傷を縫うのですが、その時、十兵衛が痛みにこらえながら「死にたくない。恐い。…子供には絶対に言うな。頼む」と金吾に言うシーンも凄いシーンでした。

もちろん、最後の人斬り十兵衛に蘇って、向かってくる相手を躊躇い無く斬って、斬って、斬りまくりるシーンは圧巻です。一蔵の最期のシーン(十兵衛の折れた刀が腹に突き刺さったまま、片手で剣を上げようとしますが、「重てえ」と呟き、剣を落とし、息絶える)も迫力がありました。

女郎の親玉・お梶役を演じていた小池栄子がすごくいい味を出していました。彼女は本当にいい女優さんになられたと感じました。それと長州の北大路正春役を演じた國村隼も、一蔵のリンチに遭いますが、迫力があってよかったです。

原作となった映画では最後は字幕で終わりますが、日本版は女郎・なつめの語りで終わります。その終わり方も哀愁と希望が溢れており、素晴らしいと思いました。

『許されざる者』の動画を無料視聴する方法


『許されざる者』は動画配信サービス”U-NEXT”で無料視聴することが可能です。

動画の視聴にはポイントが必要ですが、登録時に付与されたポイントを使って無料で見ることができます。
利用者急増中の動画配信サービス「U-NEXT」ですが、最近当サイトでも一番人気です!

U-NEXTは登録から31日間は無料となっています。

もし使ってみて気に入らなければ31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ U-NEXT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です