【駅馬車】映画 動画無料視聴

駅馬車

1939年のアメリカ映画『駅馬車』。監督はジョン・フォード、主演はジョン・ウェイン。西部劇映画を語には欠かせない名作映画です。『駅馬車』のあらすじや感想。動画を無料視聴する方法を紹介します。

動画を無料で見る方法


コチラの動画は動画配信サービス"U-NEXT"無料で見ることができます。

U-NEXTは登録から31日間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ 今すぐ無料で動画を見たい方はコチラから


【駅馬車】あらすじ・キャスト


当時の人気監督ジョン・フォードが、短編小説『ローズバーグ行き駅馬車』の映画化権を獲得し、ダドリー・ニコルズと共に脚本を書き、20世紀フォックスに企画を持ち込むものの当時西部劇は衰退していましたし、拒否されてしまいます…。

そこで、独立プロダクションで製作活動をしていたウォルター・ウェンジャーに話を持ち込んで、53万ドルの低予算で製作した映画です。



西部劇といえども、駅馬車に乗り合わせた様々な人間模様を描くというのが映画の中心になっています。

また、終盤にアパッチの襲撃と決闘。2つのクライマックスシーンがあり、そのアクションシーンは非常にダイナミックで、アクション映画としても十分見れますね。

『駅馬車』は1995年にアメリカ国立フィルムにに登録されているという名作映画です。

【駅馬車】感想レビュー


大作「ビッグ・トレイル」の主役に抜擢されながら、その後は低予算西部劇の俳優に甘んじていたジョン・ウェインが初めてジョン・フォード監督と組んだ歴史的作品です。

騎兵隊三部作や「静かなる男」、「捜索者」、「リバティ・バランスを射った男」といった名作を生みだすコンビの始まりです。

ジョン・ウェインはこの映画では親の仇をとるために脱獄囚となった少年、リンゴ―・キッドの役。牢獄にいたので、町から追放された娼婦(クレア・トレヴァー)の素性を知らず、彼女に貴婦人に接するように接して恋に落ちてしまうその初々しさを感じさせる表情・身体(ジョン・ウェインがまだ、やや痩せています)がすばらしいです。



アパッチ族が駅馬車を襲撃するクライマックスは有名ですし、モニュメントバレーでの撮影もすばらしいのですが、雑多な乗客を窮屈な駅馬車に詰め込んだことから生じるドラマもまた面白いです。

騎兵隊将校の夫の元へ行く女性が旅の途中で産気づいたときに、飲んだくれの医者(トマス・ミッチェル)がコーヒーをがぶ飲みして正気を取り戻して赤ちゃんを取り上げることになりますが、生まれた赤ちゃんを抱きあげて男たちに見せるクレア・トレヴァーにはリンゴ―・キッドならずとも惚れてしまうでしょう。

【駅馬車】を無料視聴する方法


『駅馬車』は動画配信サービス”U-NEXT”で無料視聴することが可能です。
利用者急増中の動画配信サービス「U-NEXT」ですが、最近当サイトでも一番人気です!

U-NEXTは登録から31日間は無料となっています。

もし使ってみて気に入らなければ31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

他にも映画、ドラマ、アニメ等、日本最大級の12万本もの作品が配信されているので私は毎日動画を見て楽しんでます♪

⇒ U-NEXT


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です