映画【惡の教典】動画 無料視聴

悪の教典

2012年に公開された映画『悪の教典』。サイコキラーの教師がクラスメイトを殺していくという衝撃的な内容です。映画のキャスト、あらすじと見どころ、感想と動画を無料視聴する方法を紹介しています。

今すぐ動画を無料で見たい方は


コチラの動画は動画配信サービス"hulu"無料で見ることができます。

huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

⇒ Hulu


【悪の教典】あらすじとキャスト


物語の主人公蓮実聖司(通称はすみん)は生徒達から人気者の英語教師で、先生達からも信頼を寄せている人物です。しかし、この蓮実という男は「サイコキラー」という一面があります。

蓮見の過去はとても複雑なもので、どう考えてもおかしいという部分がいくつかあります。

別のクラスの早水圭介と、物理教師の八木沢克也はそのことに気付き、蓮見を怪しく思い疑い始めます。二人は誰もいない放課後の教室で蓮見について話をします。その次の日、八木沢は謎の死を遂げたとして生徒達に報告されます。その時、蓮見が犯人と気付いた早水もまた蓮見の手により無残にも殺されてしまいます。

謎の死を遂げる生徒や先生を尻目に、学校は文化祭ムードになり、蓮見のクラス(2年4組)は泊まりがけで文化祭の準備をします。その夜に蓮見の独断ショーは始まります。信じていた先生はサイコキラーだった。



容赦なくクラスメイトを殺していくシーンは、この映画の一番の見どころです。

また、キャストには、蓮見役に伊藤英明、4組の生徒役に二階堂ふみ、早水役に染谷将太などの、演技派役者がそろっています。

最後に生き残れる生徒はいるのか、蓮見はどうなるのか、など多くの見どころがあります。

【悪の教典】感想レビュー


蓮見が生徒達を撃ち殺すシーンは、本当に圧巻です追い詰められて、本能をむき出しにして生きようとする者もいれば、大切な人を守ろうとする者もいて、本当に様々でした。

言うならば、生徒達ひとりひとりにストーリーがあるので自分に重ねてしまいます。自分がこの状況に陥ってしまったらどうしよう。どうなるだろう。と言った不気味だけどどこか心を踊らせるような感情になります。



また、グロテスクな映画が好きな私からすると、先生と生徒の同性愛のシーンはある意味グロテスクでした。他にも、体育教師のセクハラに耐える女子生徒の話など、実際にありそうな関係性がこの物語の中で蓮見を異常者として目立たせないように出来ていると思いました。

生徒達が必死になって生きようとしている姿に生への執着を感じながらも、命をおもちゃのように扱い、自分の欲望のままに殺していく蓮見との対比がまた面白かったです。

「4組の生徒達はみんな悪魔にとりつかれていたんだ」と、自分が生徒達を殺したことをまるで正義であるかのようにとらえている蓮見は、最後までサイコキラーのままで怖かったです。

警察に捕まっても、生き残った生徒達に叫ばれても、自分が悪いことをしたと思っていない蓮見の描写がサイコキラーの強さをあらわしていました。

【悪の教典】動画を無料視聴する方法


『悪の教典』は動画配信サービス”hulu”で無料視聴することが可能です。

動画を見放題で楽しむなら

CMでもお馴染みの動画配信サービス「 Hulu」で無料で見ることができます。

Huluは登録から2週間は無料なのでその間料金は一切かかりません♪

でも人気作品が充実しているのでなかなかやめられないのが現実です(笑)

⇒ Hulu



※紹介している作品は、記事投稿時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です