ぼくたちの家族 動画 無料視聴

ぼくたちの家族

早見和真原作の小説を映画化した『ぼくたちの家族』。2014年公開。

映画『ぼくたちの家族』の動画を無料で視聴する方法とネタバレあらすじと感想を紹介しています。

『ぼくたちの家族』のフル動画を無料視聴する方法


『ぼくたちの家族』は動画配信サービス”dTV”で無料視聴することが可能です。
動画配信サービス「dTV」で動画を見ることができます。

dTVは登録から31日間は無料となっています。

無料期間が終わった後継続して使うとしても月額500円と業界最安値のサービスです

⇒ 「dTV」で今すぐ動画を見る


『ぼくたちの家族』ネタバレあらすじ


ある平凡な一家に突然降りかかった悲劇──若菜家の母・玲子に脳腫瘍が見つかり、余命1週間を宣告されたことをきっかけに、混乱する父、ぼう然とする社会人の長男・浩介、冷静でいようとする大学生の次男・俊平の男3人が、奇跡を信じて一丸となっていく姿を追う物語。

どこにでもある平凡な家族に訪れた事件は、玲子が隠してきた家族への不満や、父の多額の借金など、これまで伏せられてきた数々の問題を浮き彫りにする。

男たちは、とっくに壊れていた“家族の現実”に肩を落としながらも、それでも「母親を助けたい」という強い思いから、最後の“悪あがき”に奔走することになる。


『ぼくたちの家族』感想レビュー


石井裕也監督の川の底からこんにちはがとても好きでキャストも好きな方ばかりだったので見てみました。

今作で石井監督はまだ自分が20代という若い感性のうちに“家族”というものを改めてしっかり撮りたいと思っていたそうで今までの作品でプロデューサーに任せていたキャスティングにも積極的にこだわり、妻夫木聡、池松壮亮、原田美枝子、長塚京三という演技の面で信頼できる4人の主要メンバーを集めたんだそうです。

そのキャスティングがズバリはまっていた映画だと思います。

観終わった後出ているのは見慣れた俳優たちのはずなのにそれが本当の家族のように見えましたし、この家族のことを昔から知っていたような気にさえさせられました。

調べてみるとこれには原作があったみたいで2011年3月に「砂上のファンファーレ」というタイトルで単行本が発売されて、2014年、今作を原作とする映画の公開を機に改題され、映画のタイトルと統一されて文庫化されたみたいですね。

そんなことってあるんですね。原作者がよっぽどこの映画を気に入ったということだと思うんですけど、それって原作ものと映画にとって最良の関係性だなぁとそんなことを思わされました。

ぜひ見てみてください。おすすめです。

『ぼくたちの家族』のフル動画を無料視聴する方法


『ぼくたちの家族』は動画配信サービス”dTV”で無料視聴することが可能です。
動画配信サービス「dTV」で動画を見ることができます。

dTVは登録から31日間は無料となっています。

無料期間が終わった後継続して使うとしても月額500円と業界最安値のサービスです

⇒ 「dTV」で今すぐ動画を見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です